朝日新聞社が主催する、第21回手塚治虫文化賞が発表され、マンガ大賞にはくらもちふさこの「花に染む」が選ばれた。

「花に染む」は、花染町に住む人々を描いたオムニバス「駅から5分」を別視点から描いた和弓純愛ストーリー。
コーラス2010年3月号から2011年10月号まで第1部が連載され、その後Cocohana2013年7月号(ともに集英社)にて新章がスタート。
2016年9月号で完結している。
単行本は全8巻が発売中だ。
http://natalie.mu/media/comic/1704/0425/extra/news_xlarge_hananisomu8.jpg

また斬新な表現や画期的なテーマを描く作者に贈られる新生賞には、雲田はるこ「昭和元禄落語心中」が選出。
落語を巡る愛憎劇に高座の巧みな描写を織り交ぜた清新な表現が評価された。
http://natalie.mu/media/comic/1702/0223/extra/news_xlarge_rakugo.jpg

そのほか短編賞には深谷かほる「夜廻り猫」が選ばれ、マンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈る特別賞は、
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の40年にわたる連載とその完結に対し、秋本治に贈られた。
http://natalie.mu/media/eiga/1703/0321/extra/news_xlarge_yomawarineko2.jpg
http://natalie.mu/media/comic/1612/1220/extra/news_xlarge_kochikame200.jpg

第21回手塚治虫文化賞の贈呈式は、5月31日には東京・浜離宮朝日ホールにて贈呈式が行われる。

以下ソース:コミックナタリー 2017年4月25日 5:00
http://natalie.mu/comic/news/230080

コメント一覧
くらもち作品は高尚すぎて苦手
紙面記事によると書店員や漫画関係者の推薦1位で選考委員の投票2位だった「ゴールデンカムイ」はまだ先が見たいということで見送りになり
かわりに「花に染む」が浮上し、投票1位だった「昭和元禄落語心中」が新生賞になったという経緯だそうだが
これで今後「ゴールデンカムイ」が何も貰えなかったら可哀想だな
ネタにするために近年の積み重ねでカルトとなった犠牲は大きいなw
>>3
ゴルカムは今でも知名度充分やろ
賞自体に意味があるわけじゃない
>>3
この手のやつでゴールデンカムイごり押ししてんのって在日サヨク系がやってんのかな?

サヨクの目論見が外れたのか知らんがサヨク臭い漫画にはなってなかいようだが
いつもポケットにショパンだな
いまさら賞もらってどうする
青になれでも読もう
ああ
こっちは倉持知子か
>>5
アイヌのタブー

・ 古アイヌは日本本土に南侵し侵犯していた

・ モンゴルの樺太侵攻で古アイヌが侵犯

とかガッツリやれば神
やっぱり、おしゃべり階段だよ〜
>9
なつかしいな!
小学生のころ、ねーちゃんのマーガレットで読んでた

そんなおいらも今じゃ白髪だ
この人もうキャリア長いんだなあ