エマ7

2018/01/28

森薫、エンターブレイン。久々のエマであり、最後のエマだ。うん。この、ヴィクトリア朝を舞台にしたとても丁寧で、熱意に満ち、そして何よりも面白い漫画は、終わった。終わってしまった。ロマンスとして完璧な体裁を保ち、熱意の基に資料を踏破し、そしてなにより、巧く、楽しく、素晴らしい漫画。いまさらこの漫画の素晴らしさを語るのも白々しい。丁寧な漫画であり、丁寧に話が進み、丁寧に盛り上がり、丁寧に終わったと、そういうレアな話だ。
7巻でついに登場したモニカの旦那さんフレデリックは、一発で僕の心を盗んでいきましたとさ。超素敵。そういえば、メインサイドで厭なキャラがいない漫画だったなぁ。うむうむ。海を渡り聖杯たる美しい女を娶る、新時代の騎士。まさにヴィクトリアン・ロマンス。とても好きで、いい漫画だった。
そういえば。スズランの花言葉は「幸福の再来」だったな。