別れた後にどうしても復縁をしたい…そんな時は別れた相手に連絡をしたくなりますが、連絡のタイミングを間違えてしまうと、相手からの印象が悪くだけではなく復縁も無理になってしまうケースがあります。
別れた後はどんな風に、どんなタイミングで連絡を取れば良いのでしょう。

 1:別れの理由から冷却期間を探る

あなたが相手と別れてしまった原因は何でしょう?
その場で発生した、些細な喧嘩でしょうか?それとも不満が積もりに積もったのでしょうか?若しかしたら第三者が絡んでいた?

若しも些細な喧嘩であれば、まずは1ヶ月相手への連絡は絶ちましょう。不満が積もりに積もった結果の別れであれば3ヶ月くらいは様子を見るのが良いかもしれません。
第三者が絡んでいた別れの場合には、その相手と仲が悪くなる、若しくは別れる状態になるまで冷却期間を設けた方がいいケースがあります。

 2:まずはメールで連絡

別れた相手に連絡をとる際、突然電話をかける方がいらっしゃいます。しかしまずはメールで様子を見るのが良いでしょう。
メールであれば
 ●相手に選択権がある●

選択権、つまり「返信をするか・しないか」を相手に委ねる事になります。電話の場合は、何度もコールさせてしまったり、相手としては"でなきゃまずいかな…"と余計な気を遣わせる事になります。
相手のペースを優先するという意味でも、メールで様子を伺ってみましょう。

 3:返信が来なくても気にしない

相手から返信が来ないと、何度もメールを送ってしまう方がいらっしゃいます。これはNGです。
相手からの返信が無い場合には、
注意
  •  ・相手がメールを返したくない
     ・返すタイミングがない(仕事が忙しい等)
 このような事が考えられます。
返って来ないからといって、相手に催促するのは止めましょう。相手の出方を見る為にも、再度時間を空けて連絡をしてみましょう。