久しぶりに伊坂幸太郎さんの作品を手に取る

 

彼との出逢いはチルドレン

 

独特な言い回しや

タイムスリップを繰り返すような

話の展開が癖になります

 

今回の本は本屋さんで平積みしてあったのを手に取りました

 

まだ1/3くらいしか読めていないのですが

登場人物同士の会話で

残り全部、バケーションみたいなものさと話した彼に対して

女子高校生が私もそうしようかな、と一言

 

それに対して、間を置いて放った一言

 

「百年早ぇよ」

 

あぁ、この一言に色んなものが詰まっているんだろうな

そう思いました

 

私も放つ言葉に重みを持てるような人になりたいです

 

p.s.

最近の本屋さんはクオカードが使えるところもあるんですね

なんだか得した気分です