化粧品カウンターなどで行われているお肌を診断するスキンチェッカー。

あれって、ホントなの?

って、私は思います。

だって、スキンチェッカーで肌診断をした後に言うセリフで

「水分が足りていませんね」

以外の言葉があるんですか?
 o0364019613237167661.png
随分前ですが、私がスキンチェッカーで肌診断をしてもらった時、水分量100%が出ました。

それを見たお姉さんは慌てて、何度か私の肌をチェックし直し、

「こんなはずは、ないっ」

と言ったのです。

こんなはずは、ないって....(汗)



スキンチェッカーの性能がどうのと言うより、それを判断する側に問題があるのだと思います。

世の中の女性はみんな乾燥が悩みのはず、だからスキンチェッカーも絶対水分不足と表示するはず。

または普通の水分量でも、100%以外は「乾燥している!」とみなすのか。

 o0330018213237173111.png苦し紛れに、乾燥を感じないオイリースキンの人には、インナードライだとか言って、乾燥しているのだと説得する。


肌診断をした後に、「乾燥していますね」以外の言葉を聞けるのなら、私も少しはスキンチェッカーを信用するのですけどねえ....


みんな同じ結果しか出ないのでしたら診断する意味がないと思います。