稲作は、朝鮮半島から伝わり、日本は弥生時代をむかえたとする人がいますが、大きな間違いです。


朝鮮半島で確認された炭化米が紀元前2000年が最古であるのに対し、一方日本では岡山県の朝寝鼻貝塚の6000年前の地層からイネのプラント・オパールが発見されており、同じく岡山県南溝手遺跡や同県津島岡大遺跡の土器胎土内からも発見されたことにより、紀元前約3500~4000年から陸稲(熱帯ジャポニカ)による稲作が行われていた事がわかっています。

日本最古の水田址遺跡は、炭素14年代測定法によれば、佐賀県唐津市にある菜畑遺跡で約2600年前、福岡平野の板付遺跡や野多目遺跡、早良平野の橋本一丁田遺跡等で発見されたのが、約2500年前であります。

中国では、江西省や湖南省で1万年以上前に遡る稲籾が続々と発見されており、これらは焼畑による陸稲栽培ですが、雲南省の稲作遺跡は4400年前に遡れます。

水稲に関しては、揚子江下流の浙江省寧波の河姆渡(かぼと)村で、炭素14年代測定法で約7000〜6500年前の水田耕作遺物、そして最古の水田遺構は、馬家浜文化中期にあたる約6000年前の揚子江下流江蘇省呉県の草鞋山遺跡で見つかっており、


さらに、朝鮮半島では水稲栽培は1500年程度前までしか遡れない点、九州北部と栽培法が酷似していることや遺伝子学的に日本の古代米に満州から入った米の遺伝子が交雑した米が多いことなどから、水稲は日本から朝鮮半島へ、陸稲は満州経由で朝鮮半島へ伝わったことが判明。  中国政府の研究機関でも調査が進み間違いないという結論が出ています。 

水稲栽培の時期を考えると、日本から朝鮮半島への稲作伝播の時期と、古代日本が朝鮮半島を属国支配していた時期が合う事も興味深いところです。 



これらの事実から、水稲の水田耕作は揚子江中・下流域に起源し、日本へもこの地方から伝播した事は間違いありません。



気象学的には、紀元前2000年頃、すなわち今から約4000年ほど前に大きな寒冷期を迎え、北方の民族が南下し、温和な南の文明を征服しますが、インダスはアーリア人の進入を受け、中国では長江文明は北方の黄河文明を築いた漢民族に破壊されます。